今から20時世前の私の母親の話ですが、数件の店舗から借入れをしていて、その返済が足りず資金繰りが苦になってヤミ金にまで手を出していました。
それが分かったのが、母親が倒れて入院した状況、お家に取り立ての電話が掛かってきたのです。
あたいは一斉、20年代になったばかりで、取引はしていたものの、やっぱヤミ金と聞いただけで恐ろしい想像しか無く、返済の仕打ちも分からなかったので、取り立てのヒトに母親の入院などのいきさつをレヴューし、返済の仕打ちを教えてもらいました。
母親にはゆとり20万の残があるらしく、ウィークに1回、元金10000円と金利100002千円の全部2万2千円を会社まで返済しに来て下さいと言われました。
あたいは言われた経路、各週決まった曜日に返済をしに行きましたが、ちゃんと返済すれば何より何ももの凄くなく、利率を値切るなど余談さえできるくらいになりました。
しかし、目茶目茶大きい金利に私の金は一気に下をつき、債務集積を母親に進めたのですが、ヤミ金だけはしたくないと聞かず、将来何があるか分からないと母親の想いに私も辛抱損をしてしまいました。
ヤミ金以外は債務集積の手続きをし、受領休止になった分をヤミ金に回して、完済することが出来ました。
完済するお天道様、会社にall持って行くと、「若いのに偉いぞ。あんたの母ちゃんも、充分返済しにきてた。とうに手を出すなと母ちゃんに伝えてくれ」と言って、私の握りこぶしにお見舞い包みを持たせてくれました。
優しい気持ちになったものの、二度と各週あの会社に返済しに行かなくて良いと思うと、張っていた気が素晴らしく楽になりました。