やみきんとはどうしてやみきんというかというとことわざ路地、闇でやっていて、
闇ではないと逮捕されるからです。
闇ではなくても法的には借りた料金はかえさなければならないけど
それは自己責任の視点でその日本の法律は崩壊する必要があります。
テロが起きるとテロリストはキラーになりますが制度が崩壊するのには
誰の力不足にも出来ないで制度が最悪になる必要があります。
たとえばあす日本の衛星が打ち上げられますが軌道を外れて日銀や財務省に落ちれば
誰の力不足にもなりません。
やみきんでは不法が利率はかいさなくてもいい事になっていますが
日本の法律で借りた分だけのリソースは返すことが義務義務ずけられています。
何故利率が取れる容積は日本の法律で決められていて、
返せないのが分かっていて貸した者にも必要があるのに
借りたほうが無理をしてまで返すのが義務ずけられているからというと
自己責任を維持したい右側キャパシティー勢力がいて、
一般助、共助をしない事により、
世間がうまく回るようになっているからです。
ですからやみきんを考えるのには自己責任と考えるきっかけになりますから
そこがやみきんのリスクがパートです。
本当は大抵にとって不利益な制度は政府や組織の稼ぎになっても
あってはいけないのです。
キャッシングは返せないヒトに貸した者にも必要があり、
それでも返せないのに返す義務があるという事は
政府や会社にとっては利益になりますが人単位で考えれば
稼ぎになるヒトは少ないですね?